忍者ブログ
山あり谷あり、笑いあり涙あり、そしてシリアスあり~の日記です
11<<    12  /  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31      >>01

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は6回目の月命日でした。
仕事の帰りにお花とケーキを買ってきてお供えしました。

白いバラが欲しかったけど2本しかなかった。
遅く行ったのであまり良いお花がなかったけど、今回は春らしく
可愛い系にしてみました。
安いお花でごめんね。
まだまだ究極の貧乏生活が続くから許してね。
でも、愛しい子のためにお花を選ぶのってなんだか楽しい(笑)

6回目の月命日


そして悟天が大好きだったケーキ♪
いつものケーキ屋さんに行ったら、悟天より先に逝ってしまったお友達の
サキ姉さんへお誕生日のプレゼントに持って行ったケーキが並んでいた。
懐かしいなぁ~なんて見てたら、その隣りにカットしたものが
あるではありませんか。
迷わず買いました。
3個お買い上げぇ~!
悟天のでしょ。チチのでしょ。ばぁばのでしょ。
じぃじのは・・・いいのいいの。
じぃじのはお雛様用のお団子買いましたから(笑)

6回目の月命日ケーキ♪


実はね、悟天の12歳のお誕生日はケーキもご馳走もありませんでした。
その頃はまだ元気だったのですが、仕事も忙しくて毎日クタクタの
ヘロヘロ状態で、気になる「悟天の咳が治ったら盛大にお祝いしようね」
と延期していたのです。
そのうち牛乳も生クリームもケーキも受けつけなくなりました。
牛乳も飲みたかったようでした。
生クリームもケーキも食べたかったようでした。
ショートケーキを買ってくると、すごく喜んで飛んできましたが
食べようと顔を近づけると悲しそうな顔をして後ずさりしました。
食べたいけど匂いを嗅ぐと気持ちが悪くなったんだろうと思います。
食べられるうちにお誕生日パーティーすればよかった。
大きな生クリームいっぱいのケーキを食べさせればよかった。
ごめんね、ごめんね悟天・・・

そんなことを考えながら食べたケーキは、少し甘酸っぱい
後悔と涙の味でした。
ってか、イチゴ生クリームがちょっぴり甘酸っぱかったのよ(笑)
PR
今週の火曜日、27日は5度目の月命日でした。
あれから5ヶ月も経ったんですね。
あっという間という感じです。
私は何も変わっていない。というか、何もしていない。
何もしないまま5ヶ月も過ぎてしまった。
悟天はもういないのに、お家の中はまだ悟天がいたときのままです。
これじゃいけませんね。
いくら寂しいからといっても、そのままにしておくのは良くない。
わかってはいるんですけど・・・
お天気が良くなったら大掃除して模様替えしようかな?

悟天は私が入院した日から、一度も会に来てくれません。
夢にも出てきません。
確かに1ヶ月ぐらいはお家にいました。
廊下で足音がすると部屋から飛び出し「悟天お母さんはここにいるよ」と
よく話しかけていました(笑)
ばぁばも足音や気配を感じていたそうです。
でも私が入院したのを見届け旅立ったようです。
最期は病気で苦しんで逝った悟天ですが、犬生を全うしたんでしょうね。
それだけ幸せだったということかな?そう信じることにします。
先代犬のチロは何度もお線香の香りと共に会いに来てくれました。
しかしそれは私がいつまでも悲しんで泣いてばかりいたから。
私が生まれて初めて生命の終わりに直面したのがチロの死でした。
命の儚さを知った瞬間でもあり、自分の力ではどうすることも出来ない
現実と気が狂いそうになるほどの悲しみを実感したのです。
何日も何ヶ月も泣き続け、無気力状態の日々でした。
チロの後を追うことも考えてしまうほど精神的にも参ってしまいました。
だからチロはそんな私を心配して上に上がれなかったのでしょう。
悟天があの日あの時を別れに選んだのは、私がチロの時と同じようにならないよう
考えてくれたのかなと思います。
まだ他にもありますが、あの日のことを思い出すといまだに胸が苦しくなり
失神しそうになります。
また後日お話できる状態になりましたら、あの日あの時を別れに選んだ訳を
書きたいと思います。
と言っても、みなさんにはどうでもいいお話かもですね(苦笑)


お花


27日はお仕事が忙しかったので昨日新しいお花を買ってきました。
そして悟天の大好きだった干し芋(笑)と苺を供えしました。
本当は1ヶ月過ぎたらお供えもお花もお線香も不要だそうです。
お骨も出来るだけ早く土に帰すか共同墓地に埋葬し、その後は年に一度
命日にお参りする程度で十分だそうです。
人間と動物とは違う、一緒にしてはいけないらしい。
この件に関しても後日詳しくお話しますね(忘れなかったら)
しかし我が家では、じぃじのお仏壇の隣りに悟天のお骨を置いています。
いまだにフードとお水とおやつをお供えし、毎朝毎晩ナムナムです。
いけないんだけど、わかってるんだけど、我が子同然だったから
やらなきゃ気が納まりません。
いいのです。悟天は天寿を全うしたんだから。しっかり上に上がったんだから。
感謝の気持ちをこめて毎日ナムナムします。
昨日の朝のこと・・・
仕事が遅番だったので遅め(8時過ぎ)の朝食をのんびり食べながら
久しぶりに朝ドラでも見てみるかと某国民的放送局にチャンネルを変えた。
これが間違いの元。
今までのあらすじはどんなだっけ?と思い出しながら見ていると
双子が歌いだした。【M】を・・・
涙が一気にダァーーー!!!と溢れた。
ダメなんです、この曲。
何時でもどんな時でも誰が歌っていてもこの曲を聴くと感情を抑えきれない。
そうでなくても最近闘病中の様子や切なそうな顔や私を見つめる眼差しを
頻繁に思い出すようになり、辛くて苦しくて後悔でいっぱいの気持ちになり
必死で涙を感情を抑えているのに。
見なけりゃよかった。

なぜ【M】という曲にこんなに反応するのか。
それは悟天が2歳後半、約9年半前のこと。
私が長ぁ~く勤めていた会社のお話から始まります。
その会社は週休2日制ではなく、隔週で月1回~2回ぐらいの割合で
土日にお休みがもらえました。
しかし、イベントがあると土日関係なく出勤。
不況で以前に比べると忙しくはなかったのですが、総務経理に加え受付に接待
各部署の精算事務も全て一人でやるよう命じられました。
私はこの営業所で長年事務ってきました。お局様です。主とも呼ばれていました。
昔のお客様のことから転属になった従業員のことまでしっかり把握。
さらに、転勤してきた所長の若かりし日の悪事まで知っていました。
要するに肩たたきですね。
所長は私が煙たかったようです。
仕事には貢献してもらえるが、昔のことを知っている私がいるとやりずらい。
なので一人では出来ない仕事をさせて辞めるようにしむける。
わかっていましたが、私はひたすら頑張りました。
でもその分悟天には淋しい思いをさせてしまいました。
お友達は休みの度に遊びに行ったり、しつけ教室で楽しんだりと・・・。
誘っていただいても、いつもお断りしなければなかった日々。
まだ遊びたい盛りの悟天、淋しがり屋で甘えん坊の悟天に我慢させてしまいました。
そして決断したのです。
私は会社を辞めました。
悟天といつも一緒にいたかったから。
悟天の笑顔をいつも見ていたかったから。
悟天の隣りで一緒に笑っていたかったから。
仕事を辞めた理由はまだ他にもありましたが、一番の理由は悟天の存在です。
24時間悟天と過ごす日々はもの凄く幸せでした。
こんなに幸せでいいのかしら?と思ったほどでした。
3年程、失業保険と自分の老後のために蓄えた貯金で暮らし、
その後は悟天との時間を一番に考え、お給料は安くてもキチンと
休日をもらえる仕事を選び現在に至っています。
蓄えた貯金で暮らし・・・お給料は安くても・・・
悟天名義の貯金にも手を出し、使い果たしてしまいました。
数年前からそのツケが回ってきて大変なことになっています(苦笑)
それでも幸せだった。
貧乏でも悟天と一緒にいられて幸せだった。
私が側にいることで安心しきった悟天の寝顔と寝息。
本当に幸せだった。
この幸せがずっと続いてほしいと願った。
ただただ一緒にいたかった。
プリプリは別れた彼のこと歌っていますが、私は12年間の悟天への思いを
重ねてしまいます。
【M】は私にとっての泣け歌です。


【M】はこちらから視聴できます。

プリンセスプリンセス【M】 by YouTube   

もうすぐ5ヶ月になろうとしているのに、時折襲ってくる激しい悲しみ。
それを救ってくれるのは学校の子供達です。
とびっきりの笑顔で私に抱きつきまとわり付き甘えてくる。
一瞬でも悲しみを癒してくれます。
悟天がそう仕向けてるのかな?
ありがとう、悟天と子供達。
頑張るよ。

最後の年賀状
             実寸サイズを見る場合はクリックして下さい


今年の年賀状です。
最後の悟天バージョンです。
背景は季節はずれの向日葵畑にしました。
チチは向日葵が大好き。それも小さい向日葵が。
そして悟天は向日葵の季節に生まれ、向日葵の季節に天に帰ったから。
悟天はお花が良く似合う子でした。
黄色い小さな向日葵が一番似合っていたかもしれません。
冬なのになんでヒマワリなのぉ~?とビックリされた方、そんな訳でして・・・(笑)
その向日葵畑の中に、0歳から12歳までの悟天をハート型に置きました。
ハチさんと羊さんはご愛嬌。
例によって、追い込まれないとアイディアが浮かばない性格の私。
忙しさも手伝って、大晦日も頭の中のキャンバスは真っ白。
どうしよぉー!と焦りながら紅白を見ている時にひらめきました。
デザイン的には簡単なものでしたが、膨大な数のファイルからの写真探しに手間取り
古い写真はスキャンしたりと、その作業だけで結構時間がかかってしまい
目もショボショボになり疲れたのであとは適当に作りました。
なので今まで年賀状の中で最低の出来です。
でも、今までの年賀状の中では一番愛情が込められています。
本心、最後の年賀状だから時間をかけて丁寧に作りたかったなぁ・・・

年賀状をお届けできなかったお友達にも見て頂きたいと思いました。
最後の悟天の年賀状です。
チチの悟天に対する想いと愛情がてんこ盛です。
そして、皆さんへの感謝の気持ちも込めました。
ヘボヘボ年賀状ですが、是非見てやって下さい。



本当は11月末頃までは、今年の年賀状は出さないことにいていました。
ペットといえども(ペットという言い方は嫌いですが)悟天は私にとっては
人間の息子同然の子でした。
ですから本来ならば喪中です。
事実そのつもりで何も用意していなかったのですが
『いくら大切なペットであっても、どんなに愛するペットであっても、
人間と同じようにしてはならない』
とある方がおっしゃっていたので、喪中は心の中だけにして中止しました。
亡くなってはおりますがご報告とお礼を兼ね悟天の年賀状を出すことにしたのです。
この『いくら大切なペットであっても、どんなに愛するペットであっても、
人間と同じようにしてはならない』については、後日忘れなかったら
お話しようと思います。

ありがと!by悟天


お悔みやお花を頂いた皆様へ、感謝の気持ちを込めこのカードを
お礼の品に添えました。
このブログに来ていただきお友達になって下さった皆様にも
改めてお礼を言いたいと悟天からの伝言です。



本当にありがとうございました

そして・・・

さようなら



みなさんに出会えてとても幸せでした  いつの日かまた・・・  悟天

                             






皆様からのコメントやメール、しっかり読んでいます。
お返事もせずにごめんなさい。
悟天のことになると、まだどうしても気持ちが向いてくれません。
でも皆様のコメントやメールにとても励まされています。

Yukiさん
るるどさん
うさぴよ♪さん
naokoさん
youちゃん
Micchoさん
ネネ母さん

本当にありがとうございます。
9月27日、あれから一ヶ月、初めての月命日です。

新しいお花を買いに、産直まで行ってきました。
今の時期は夏の花と秋の花が切り替わる時期なので、あまり種類はありませんが
近所のお花屋さんと比べると半分から三分の一位のお値段です。
悟天安いお花でごめんね、でも心がこもっているからいいよね?
そして、お写真も少し変えてみました。

月命日(9月27日)

和風のお骨入れに洋風のフォトフレームはやっぱり合わないですね。
実はまだフォトフレームも買っていません。花瓶も・・・
みんな間に合わせだけど貧乏なので我慢です。
大丈夫、それでもよいよ~って悟天が微笑んでいます。

あれから1ヶ月過ぎたんですね。
時の経つのは早いです。
あの日から4,5日は、自分でも驚くほど冷静に過ごしていました。
でも日が経つにつれ、寂しさと悲しみ、悔しさと憎しみと後悔が
一気に押し寄せ辛い毎日でした。
実際のところ、3週間ぐらいは感情の記憶はあるのですが、何をどう行動したのか
家では?仕事は?・・・まったく記憶がありません。
しかし、お友達からのメールや電話に励まされ、そして時の経つのと共に
だいぶ元気になりました。
心配してくださっている皆様、チチは大丈夫です。
コメントやメールをありがとうございます。
後悔は沢山あります。
これからもこのブログにグチグチ書くと思います。(思い出として)
ですが、私がいつまでもメソメソしていては悟天は心配で旅立てない。
安心して旅立ってほしいので頑張って前向きに・・・しっかりしなくちゃ。
まだ悟天はお家にいます。
旅立ちまであと何日後?何週間後?
姿は見えなくてもずっといて欲しい、ずっと悟天を感じていたい。
これが本心ですが、生まれ変わるためには旅立たなくてはなりません。
安心して旅立ち、なるべく早く私のもとへ帰ってこれるように、
私自身が日々精進し元気で待っていようと思います。
日々悟天に感謝しながら待っています。

悟天は自慢の息子でした。
いえ、自慢の息子です。
お家では我が儘放題で甘えん坊で寂しがり屋でへなちょこでしたが
お外では知らない人でもそつなくこなす外面の良い子でした。
身体や心が病んでいる人にはそっと寄り添い、お年寄りや赤ちゃんには
怖がらせないように尻尾を振りながら静かに近づく、そんな優しい子でした。
そんな悟天でしたが、本当は頑張ってお家を守っていたんだと思います。
今考えるとじぃじが亡くなってから悟天は少し変わりました。
夜寝るときは私の部屋でなければ寝ませんでしたが、いつの頃からか
玄関前の廊下で寝ることが多くなりました。
一人でお留守番する時の状態です。
最初は心配で心配でしょうがなかったのですが、毎日ではないし
夜遅くまで起きている私といるより、その方が落ち着くのかな?と
許しました。
結果、だいぶ前に別のブログに書きましたが泥棒を追い払ってくれました。
あの時悟天が玄関にいなかったらと思うと怖ろしいです。
思い出すとまだいろいろあります。
私がいないと何も出来なかった、何かあるとすぐに私の後ろに隠れるような
そんな弱虫悟天でしたが「男はボクひとり」と、勇気を振り絞って
じぃじの変わりにお家を守ってくれてたんだね。
じぃじ亡き後、ばぁばとお母さんを守らなきゃと我が家のボスになったのかもしれません。
ボスになった犬は早死にするそうです。
常に神経を使い群れを守っているので肉体的にも精神的にも疲れ
病気を引き寄せたりするらしい。
悟天もそうだったかもしれません。
頼りないおかあちゃまだったね。ごめんね。
悟天は勇敢で立派なボスでした。
身体を張って家族を守り抜きました。
胸を張って言える、本当に自慢の息子です。


自慢できるものといえば・・・悟天のお骨
真っ白でとっても綺麗でした。
火葬の時に立ち会ってくださった火葬場の職員の方が
「とっても立派な骨ですね、若かったんでね、事故ですか?」
とおっしゃるほど、焼け焦げてしまって崩れた箇所もなく
変色したところもなく綺麗な形のままでした。
頭お顔の部分も割れることなく可愛い悟天のままでした。
歯も一つ残らず犬歯もちゃんと付いていました。
そう、最後に台の上でお別れした時の形ままのお骨になってきました。
もっとも火葬して下さった職員の方が上手にしてくれたんだと思いますが。
でも「こんなに綺麗なお骨も珍しい」と言って下さいました。
病気で逝った場合、その部分が変色しているのはよくあることだそうですが
悟天は見事に真っ白でした。
病んでいた胸にも変色はなく、全体に白くて太くて立派でした。
頬ずりしたくなるほど綺麗でした。
火葬場の職員様、綺麗に火葬してくださってありがとうございました。
そして悟天、最後まで綺麗な悟天でいてくれてありがとう。
心から自慢できる立派で可愛い我が子です。
HOME    次のページ  →

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
チチ
性別:
女性
自己紹介:
☆悟天☆
アメリカン・コッカー・スパニエル
1996年7月17日生 ♂
へなちょこですがまだまだ元気!

☆チチ☆
悟天のおかあちゃま@管理人

摩訶不思議~?な雰囲気の
とぼけた親子です(*≧m≦*)
HPにも遊びに来てネ♪

過去のブログはこちら
カウントダウン

メール
最新コメント
[04/06 いちご母]
[03/29 chiechan]
[03/12 chiechan]
[03/11 naoko]
[03/10 YOU]
[03/10 マリンまま]
[03/03 カカロット]
[02/27 マリンまま]
[02/13 きりたんぽぽ]
[02/05 YOU]
ドライブ~♪
バーコード
PR
忍者アナライズ
カウンター
最新トラックバック

Copyright (C) 摩訶不思議~?おとぼけコンビの日々あれこれ All Rights Reserved. | Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]